好きを大切に!好奇心に忠実にチャレンジするブログ

ミッコーブログ

エアガン

クラウン製 S&W ボディーガード.380をレビュー!コスパがすごいポケットハンドガンが面白い

更新日:

今回紹介するのはクラウンモデル製のボディーガード380です。

以前にショッピングモールに入っているドン・キホーテでチラ見した時にエアコキでありながら1600円という価格にショックを受けた買った一丁です。

エアコッキングの単純な構造のエアガンですが、驚くべきはその大きさ!コンシールドキャリーにピッタリな手のひらサイズです!

よくエアコキでこんな銃出したな!とクラウンモデルを褒め称えてしまいましたwww

では詳細を見ていきましょう!

クラウン製 ボディーガード.380 スペック

クラウン製 ボディーガード.380 スペック

  • 全長   128㎜
  • 重量   57g
  • 弾丸   6㎜BB弾  
  • 作動方式 エアーコッキング式セミオート
  • 装弾数  リザーブタンク式 7発+45発(実測)
  • 価格   1650円

このS&W ボディーガード380はアメリカのスミス&ウェッソン社が製造・開発しているコンパクトポリマーフレームピストルです。

弾丸は小口径の.380ACP弾(9×17㎜弾)を使用していて戦うためのハンドガンではなく、あくまでも護身用のいわゆるコンシールドキャリー(隠し持って持ち運ぶ)の銃になっているのでマガジンはシングルカラムタイプの装弾数は6+1発とかなり少なめ。

フレーム前方のスライドをすべて覆うダストカバー内部にはレーザーサイトも装備されているので小さくて扱いに慣れていない女性でもターゲットに当てやすいように工夫されています。

 

クラウンモデルはこのS&Wボディーガード380をエアコッキング(10禁)で再現しています。

ダミーパーツが多いですが、フォルムや本来のコンパクトさを手軽に楽しめるので新しいエアガンの1つを開拓したポケットハンドガンシリーズの第3弾になります。

本来のコンシールドキャリーの考えに反しますが、クラウンモデルからはサプレッサー装着タイプも販売されているので2種類から選ぶことができますね。

クラウン製 ボディーガード.380 外観

ということで外観です。

全体的にプラプラ感が目立ちますね。ダミーパーツも多くてリアルとは言い難いですが、この銃たった1600円ですよ!仕方がないです。逆に言うとこの価格では納得いく仕上がりといった印象です!

 

本当にダミーパーツを多く使ってますが、1600円でよくこのクオリティーまで持って来たな!って思います。

実銃のデザインはしっかりと再現しているので、この値段でこのクオリティーなら文句なしです。

スライドにはS&Wのロゴと(BODY GUARD 380)の刻印が入っています。

フレーム前方のダストカバー部分には(INSIGHT LASER)とインサイト社のレーザーが入っていることからボディーガード380の初期モデルであることが分かりますね。

 

勿論1600円という価格からもわかりますが、レーザー部分は完全ダミーです。

本来ならばインサイトの刻印の下のボタンがレーザーのスイッチなのでしょう。

右側のスライドには(SMITH&WESSON)と(SPRINGFIELD,MA,U.S.A)の刻印が入っています。

スライドは引くときに後端のコッキングセレーションが入っているのでかなり引きやすいです。

銃の右側側面にはなにやら注意書きがあります。

(Capable of Firing with Magazine Removed)=マガジン着脱式及び発砲可能と書いてますね。

あとはASGKの刻印です。リアルさはない刻印です。

本来はテイクダウンラッチなんですが、クラウンはここをセフティーにしたようですね。

あまりクリック感はなく、セフティー掛けた状態でトリガー引くと壊れそうなので注意が必要!材質もプラなので要注意です。

フレーム&グリップ部分にはシボ加工が施されていますが、あまり効果はない感じです。普通に滑ります。材質のせいかな?

 

グリップにはまたS&Wのロゴ、マガジンにはフィンガーレストが装備されて握りやすくなっています。この銃は本当にちっこいからフィンガーレストないと指が余っちゃいますね。

 

ダミーパーツが多いですが、マガジンリリースはちゃんと作動します。すごくちゃんとしたつくりですね。

マガジンかちゃかちゃ出し入れできるだけでも楽しい。

グリップ部分前方にも握りやすくするようにフィンガーチャネルタイプになっています。

でも普通に指が余るんですよねwww 効果はあまりないかも?

安いのでエアコキによくあるモナカ構造の証の繋ぎ目がしっかり分かりますね。

まぁこの価格帯では気にする部分ではないでしょう。

あとハンマーは完全にダミーです。実際のハンマーも服に引っかからないように小型のほぼダブルアクション用のハンマーです。

サイトもちっこい。横に反射防止用のセレーションが入ってますが、しっかり除くには小さすぎるので即座に狙いを付けるのは難しい。

マズル部分ではリコイルスプリングガイドがダミーパーツで、アウターバレルは別パーツになってます。

しかもインナーバレルにはちゃんとアルミになっていて、固定タイプのホップアップも装備されていました。ある程度命中率の向上にも気を配っているんですね。(ぱっと見はプラスチックに見えるんですが、ライト当てるとシルバーでした。)

安いエアガンあるあるでインナーバレルがプラスチックなことが多いので本当にちゃんと作ってますね!

あと一応正面から見ると実銃ではレーザーが出る場所が丸いモールドになっています。

マガジンはリアルサイズのリザーブタンク式です。後ろのスライドを下げてジャラジャラとBB弾を送り込みます。ここも力を入れている部分ですね。

安いエアガンではマガジンを着脱できないで銃の上の方にBB弾のタンクがあってそこにジャラジャラと流し込む方式が多いです。

対してボディーガードはちゃんとリアルな操作ができるリアルサイズマガジンですよ!

「よくぞたった1600円でここまで作ったな!」と思わせた場所がこの排莢ポート!!

安いエアガンではよく排莢ポートはダミーで開くことがないのですが、このボディーガード開きます!こいつ開くんです!!

やっぱり排莢ポートは開くようになっているとグンっとリアルさがアップするし、コッキングした時に内部メカが見えて楽しいです!

排莢ポート内部はBB弾がチャンバーに運ばれるエスカレーター式のレールが見えます。

何回かBB弾を送り込んでみましたが。安物エアガンでよくあるBB弾がチャンバーに送られずに銃の内部でカラカラなることはありませんでした。

やっぱりちゃんと作っていますよ!コレ!!

握るとこんな感じで小指が余裕で余ります。手は小さい方なのでグローブ付けたり、手が大きかったらまともにグリップできないでしょうwww

コンシールドキャリーの真骨頂ですね。あえてこの握りにくさは再現しているといっていいです。握りづらさを楽しみましょう!

ご覧の通り手のひらサイズでかわええですね(#^.^#)

軽くて手軽に楽しめるのでエアガンを部屋でパンパン撃ちたい人にはお勧めできます!

重量はまさかの100gを切っています。でもメーカーホームページでは57gとなっているんですが・・・まあいいでしょう。

重量が57gだろうが、99gだろうが実銃の336gよりは圧倒的に軽いですから。

普通にBB弾を入れたペットボトルの方が重いですね。

クラウン製 ボディーガード.380 命中精度

次に実射です。14発射撃で使用弾はS2S付属の0.12gBB弾を使用。射撃距離は10mです。

リザーブタンクにBB弾をジャラジャラと流し込んでフォロアーを下げでマガジンを下向きにして振ると給弾されます。

知っていたこととはいえ、リザーブタンク式は電動ガンの多段マガジンと同じ感じなので音がうるさいです。

 

10mで射撃もしたんですが。まともに当たりません!=とても楽しい!!マガジンのジャラジャラ音に対して10禁の発射音が小さく(ポンっ!)て感じでかなりかわいい。

 

とは言え一応命中率を測るための射撃なので5mに変更して射撃した結果です。

5mの方が当てる楽しさがあることが分かりましたwww

でもご覧の通りでターゲットの中央よりも結構下を狙ったんですが、それでもかなりばらけますね。(こういうエアガンではかなりいい部類ではあります)

 

一発だけすごくきれいに中央に命中!その時の感動は言い表せない!

でも0.12gのBB弾で撃つのなら一応紙のターゲットには当たるといった感じです。悪く言うと当たらない・良く言うと当てる楽しさがある銃です。やっぱり部屋撃ちで真価を発揮する銃なのかも。

クラウン製 ボディーガード.380 問題点

あまり使っていないのですが、すでに問題点が出てきましたwww

トリガーを止めているピンがかなり緩くて撃っていると勝手に抜けてしまいます。これはいかんwww

いつの間にか抜けていた!ってことがすでに5回ほどあったので要注意ですよこれは!!

※対策としてピンの端に木工用ボンドを付けて戻しました。

 

これなら壊れて分解するときに簡単にとり外せるし、普通に使っている分では抜けないはず!

でも1600円程度なら直すよりも買ったほうが早いとも思いますが、まぁ一応分解できるようにしておくのは大切ですよね。

クラウン製 ボディーガード.380の評価

今回紹介したボディーガード380はっきり言ってマルイのエアガンと比べると命中精度や剛性は劣ります。⇦当たり前ですね。

でもコンパクトガンで1600円でリアルサイズのマガジン、排莢ポートは開くし、ちゃんとセフティーやマガジンリリースレバーも稼働します。

はっきり言ってデメリットもありますが、かなり頑張っている部類のエアガンです!クラウンさんの頑張りがすごいですね。

勿論サバゲーではネタ扱いの銃でしょう。だって飛距離全然ないですもん(笑)

そもそも10禁のエアガンだし1600円程度のエアガンにそこまで求めるのは完全にお門違い。

 

でもこんなに手軽に楽しめるちっこいエアガンがあるってことが本当にいいです。

中華製の駄菓子屋で売っている安いエアコキよりもはるかにいいつくりをしているので。

クラウンモデルさんのコスパ力と技術力はなめてはいけませんね!

-エアガン

Copyright© ミッコーブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.