好きを大切に!好奇心に忠実にチャレンジするブログ

ミッコーブログ

エアガン

海外製ガスガンが初心者にオススメされない理由  海外製は調整必須で扱いも難しいのが原因!

更新日:

ガスガンといえば東京マルイさんやKSCさんなど名だたる国産勢が有名なことでしょう。マルイさんは特に性能が高く、コスパに優れているのでサバゲーだけでなくシューティングゲームでもよく使われると思います。

でもやっぱり中には「自分が好きなモデルがいつまでもラインナップされない」とか「マイナーな銃が欲しい」という人は絶対いますよね。だってどこのメーカーも売れるメジャーモデルしか出さないんだもん!!

僕もバイオハザードⅣアフターライフに出てきたベレッタⅯ9 twoが欲しかったんですが、今現在でも国産メーカーさんはどこもモデルアップしてくれていません(´;ω;`)

ですが、国産メーカーさんが作っていないガスガンでも海外のメーカーさんは作っていることがあるんですよ!

そうなると買いたくなりますよね!だが断る!!

 

海外製ガスガンはあまりお勧めしません!

よく電動ガンでは「海外製電動ガンは当たりはずれが激しいから初心者はやめておけ!」といわれると思います。

ではガスガンはどうかというと・・・電動ガンよりも当たりはずれが激しい。

基本的に外れが多い思っていたとほうがいいです。

海外製ガスガンがあまりオススメされない理由1 パーツ供給がほぼない

ではなぜ海外製ガスガンをお勧めできないのか説明していきます。

ただ海外製ガスガンすべてがダメなわけではありません。ただ外れが多いことも確かなのでそこを説明していきたいです。

基本的に海外製ガスガンは東京マルイさんのメカニズムをコピーして製造しています。なので構造はマルイのガスガンとあまり変わりません。

ただ独自のマイナーチェンジが施されててマルイさんのパーツを使ってもうまく動かないことがあります。もしもパーツが壊れたときはマルイさんようにパーツを注文!っということが簡単にはできません。

同じ銃をもう一丁買って移植するといったほうが時間も手間も少なくなってしまうでしょう。

海外製ガスガンがあまりオススメされない理由2 本当に壊れやすい

これは本当に困ったところです。

メーカーによってのつくり方や個体差ももちろんあるんですが、基本的に海外製ガスハンドガンはハーフメタルつまりスライドがメタル、フレームはプラスチックであることが多いです。

そうすると激しくブローバックするメタルスライドが内部メカに負担をかけてしまいます。
そうするとどうしても壊れやすくなってしまうんです。

 

東京マルイ製だとずっと使いつ続けても壊れなかったパーツですら海外製ガスガンは同じ作りであるにも関わらず割れたり、折れたりすることがザラにあります。

因みにWE tech Ⅿ9ロングスライドを買ったんですが、あまり作動させてないのにもかかわらず、最終的にフレーム内部のシャシーが折れました。

マルイ製ではどんなに手荒く扱っても折れたことがないのに・・・
それだけ内部に負担がかかっているってことなんですよね。

 

さっきのパーツ供給の話も合って主要パーツが壊れるとパーツの調達にも難儀します。

(たぶんなんですが、使われている金属 亜鉛合金の質も悪いのではないかと感じています。)

コピー元のガスガンのパーツを流用して直すこともできなくはないですが、微妙に精度も異なっているので加工技術や分解技術が必須なので初心者向けとは言い難いのが印象ですね。

海外製ガスガンがあまりオススメされない理由3 フルメタルハンドガンは法律的に完全にアウト

日本の法律的にフルメタル拳銃は完全にアウトです!

フルメタルを楽しみたいのなら完全に銃口を塞いで塗装する必要があります。

気軽に手を出していたら家に警察が来るなんて嫌ですし、せっかくの金属の質感を塗装するんなら最初から樹脂製フレーム、樹脂製スライドを塗装したほうが安上がりですし安全です。

コンバージョンキットとかでもハンドガンのフルメタル化は模倣拳銃になってしまうので気を付けたいです。

 

※ただエアガンに詳しくない人はフルメタルだハーフメタルだというのはよくわからないようで、

楽天で中古のⅯ9を買った時があるんですが、家に届いて開けてみたらなんとフルメタルだったなんてことがありました・・・

(そのⅯ9は今は完全分解してしまった上にスライド、フレームも分割して売ってしまったので手元にはない)

海外製ガスガンがあまりオススメされない理由4 作動性能・命中精度がいまいち

海外製のエアガンにはメタルスライドが使われているものが多いです。このメタルスライドなんですが、作動を求めるのならあまりよくないです。

海外製ガスガンは日本のガスガンよりも高圧のガスを使うようなのでメタルスライドでも作動にあまり支障はありませんが、これをそのまま日本のエアガン用のガスを使うと作動が不安定で思い通りに動いてくれないことがしばしば・・・

音はカシャン!カシャン!と気持ちい作動音がするんですが、すぐにガス圧がすぐに足りなくなることが多々あったんです。

それに簡易分解してみるとインナーバレルがしっかりと固定されておらずグルグル回るなんてこともあったんで命中精度が言い訳ありません。

海外製ガスガンに制度を求めてはいけませんね。精度求めるのならマルイ製ガスガンを買え!!

必ずしも悪いものばかりではない!買うのならメーカーを選ぶ!

基本的に海外製のエアガンは中国で作られているもの、台湾で作られているもの、欧州で作られているものに分けられます。

ここで海外製ガスガンを買うのなら欧州製のUMAREX社やKWA社のガスガンは比較的お勧めすることができます。 

海外製のガスガンでも実銃メーカーが作っているガスガンなら日本でモデルアップされていない銃もあるし、実銃製造メーカーならではの内部構造の精密さを味わえます!

台湾でいうと大手のG&Gがガスハンドガンを販売していますし、電動ガンでも有名なG&Gなので作動には力を入れています。

もしも海外製ガスガンを買うのならエアガン専門店で販売している海外製ガスガンを買ったほうがいいかもしれないです。

法律に触れないように内部調整されていたり、樹脂フレームバージョンが売られていたりするので安全に買いたいのなら専門店がいいでしょうね。

-エアガン

Copyright© ミッコーブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.