好きを大切に!好奇心に忠実にチャレンジするブログ

ミッコーブログ

エアガン

マルイ製 バイオハザード2 デザートイーグル10inc!バイオ2レオンが使う最終兵器旧型ライトニングホークを紹介!

更新日:

今回はバイオハザードとマルイのコラボ商品の中でも伝説を積み上げてきた
デザートイーグル10インチのバイオハザード2モデルの紹介です!

 

バイオハザードコラボ商品の第二弾となる
デザートイーグル10インチモデル(旧ライトニングホーク)は、
バイオハザード2に登場したマグナム枠であるデザートイーグルに
カスタムパーツを組み込むことでできる10インチロングバレル仕様です。

 

ゲームでは最後の研究所で手に入るので活躍自体は後半の最後辺りに絞られますが、
ラスボスのG4形態に効果的な武器として活躍してくれました。

10インチバレル仕様にすることでリコイルと威力が大幅に増えて、連射はきついけれど当てれば大ダメージなリーサルウェポン的な武器でしたね~(≧◇≦)

 

今回はそんなマルイ製 バイオハザード2 デザートイーグル10incモデルの紹介です(`・ω・´)ゞ

マルイ製 バイオハザード2 デザートイーグル10inc スペック

マルイ製 バイオハザード2 デザートイーグル10inc スペック

  • 全長   370㎜(実測)
  • 重量   1150g(実測)
  • 弾丸   6mmBB弾
  • 作動方式 ガスブローバック式セミオート
  • 装弾数  15+1発
  • 価格   販売終了24800円 (新品税別・メーカー希望小売価格)

バイオハザード2 デザートイーグル10インチモデル
バイオ2に登場しR.P.D仕様のデザートイーグルをアンブレラ社が開発した
10インチのカスタムバレルが組み込まれたカスタムオートマッチマグナム拳銃
だ!

 

90年代のレースガンのようなダークステンレスのフレームとブラックのスライドが備えて、
より長距離でも命中させやすいように調整可能なアジャスタブルサイトや
シューティングタイプのウッドタイプグリップを装備してより精密射撃に集中できるようにカスタムされているのが特徴だ。

 

.50AE弾を使用するのでゲーム中の迫力ある威力とリコイル・フォルムを再現した人気の一丁です!

外箱は木製の専用ガンケースで雰囲気は抜群!

中古で購入したので説明書・保護キャップはありませんでしたが、BB弾少々、クリーニングロッド、などが付属します。

マルイ製 バイオハザード2 デザートイーグル10inc 外観

やはりデザートイーグルと言ったらこのド迫力!
.50AE弾にこの大柄のスタイリングは誰もが憧れてしまいますねよね♪

通常のバレルのバランスが取れたスタイリングもいいですが、
ブラックとシルバーのツートンカラーは単色よりも一層迫力が強く感じられます。

ホールドオープンすると最高に迫力がありますね。

デザートイーグルは設計が古い割に動きは良いのですが、
ノッチ対策されていないなどの耐久面が少し気になるところですね。

 

デザートイーグルのスライド自体はスペアが今でもありますが、
昔のデザートイーグルの刻印は少し違うので
刻印を大切にしたいのならスライドストップをガンガン掛けるのは辞めた方が良いでしょう。

延長された10インチバレル
通常のバレルより少し延長されただけでこんなにも迫力が違うとは…

ちょっと驚いたのがココですね。
今のデザートイーグルでは考えられない10インチバレルギリギリまでインナーバレルが延長されています。

 

今のデザートイーグルは初速の安全マージンを取るために
ノーマルバレルの位置までにしかインナーバレルが伸びていませんが、
20年以上前のデザートイーグルなので10インチバレルではギリギリまでインナーバレルが伸びています。

命中精度アップ+初速アップが狙えるパーツですね!

フレームには(UMBRELLA SECURITY SERVICE)の文字と
デザートイーグルの文字が刻印がされています。

貴重なことにデザートイーグルの文字が版権対策なのか?
(DESART EAGLE)ではなく(DEZART EAGLE)になっていますね。

こちらは現在のハードキック版の刻印と変わりません。

マグナム・リサーチ・インダストリーズの刻印ですね。

通常のデザートイーグルではスライド上部にバリが残っていますが、
限定品ということでバリが処理されています。

 

昔のエアガンでは全くバリが処理されていないモデルがほとんどでしたが、(#^.^#)
バイオモデルは年々仕様が凝ってきていますね。
昔のモデルでもちゃんと処理されている所は処理されているといった感じなのかも(#^.^#)

排莢ポートの前方のカバーを動かすとホップ調整用のダイヤルが出てきます。
ココは本当に他のガスガンと比べるとホップ調整しやすいので良いですよね♪

この銃最大の特徴であるシュータータイプのウッドグリップ

中央にはR.P.Dのメダリオンは金メッキですが、グリップをハイグリップしてもメダリオンには手が当たらないので必然的にメッキが剥がれることは少ないです。

 

中古の個体を見てもサムライエッジのようにメダリオンのメッキが剥げている個体が少ないのでかなりデザートイーグルのメッキは結構長持ちします!

グリップ左側にはLEONのサイン刻印が彫り込まれています!
さりげない刻印がカッコイイですよね♪

このデザートイーグルはこれからレオンの相棒としてずっと活躍していくので
そう考えるとレオンはこのデザートイーグルが相当お気に入りなのでしょう。

あれ?フレーム下側にはバッチリバーティングラインが残っている(◎_◎;)

スライドはきっちりバリの処理が施されてたのにフレームは残っているのかwww
まぁ現行のデザートイーグルでもバリがあるので気にしませんがwww

 

メッキは年代物だけあって今のマルイのメッキと比べると正直弱い(´-ω-`)
ただやはりマット仕上げのダークステンレスの色合いが落ち着いてとてもカッコイイですね。

フレームのトリガーガード部分にもメッキ剥げがありますね(´-ω-`)
とはいえすでに20年以上の年月が経過しているエアガンなので仕方がないですね。

逆に時間が経過した味が出ているといった感じでこのまま楽しみたいですね!

サイトは少し背が高いハイサイト仕様

リアサイトは上下左右調整可能なアジャスタブルサイトが装備されています。

ちょっと変わったサイトですね。
ハンドガンサイズのサイトなのですが、デカいダイヤルが装備されています。

UMBRELLAが作ったカスタムサイトということなのか?
サイトにはUMBRELLA社の刻印がされています。

サイティングはこんな感じで10インチということもあってサイトレディアスが長い
確かにこれなら調整用サイトの方が扱いやすいですね。

 

あとなんかハイキャパのサイトを覗いているような感覚がしますねwww
やはりこの銃はシューティングガンをイメージしていると言えますね。

マガジンは現行型のハードキックタイプのデザートイーグルとは互換性はありません。

マガジン前方に現行型ならBB弾を入れるスリットがありますが、
旧型ではこんな風にのっぺりしてます。

マガジンの構造自体も違うのでどうやっても現行型には使えませんね。

重量は1153gとハンドガンの中でも重量級

通常の10インチモデルは1277gよりも100g近くも軽いので大きさの割の扱いやすいと感じますね。

マガジンもしっかりとした重量がありますね。

構造自体違うといってもそこはガスブローバック用のマガジン重量はしっかりしています。

グリップ性能は大柄で流石デザートイーグルですね。

人によっては持ちにくいと言われるこのシュータータイプのグリップですが、
実は少し不思議なグリップで新ライトニングホークのようなスムースタイプのグリップよりも安定したグリップが可能です!

 

シュータータイプグリップは握ったときの手の反りに合わせた形状になっているので
太くてとっさの時には握りにくい代わりに、
しっかり握るとハイグリップが可能で結果的にスムースグリップよりも安定して構えられます。

上の画像のようにサムレストの場所が2か所あり、
片手での射撃はもちろん両手での射撃はさらに安定するように作られています。

コンセプト的にはドローすることよりも命中率をより向上させるためのカスタムといった感じ

 

新ライトニングホークのドローすることなども考えた汎用性が高いスムーズグリップよりも撃って当てることに特化させていると言えますね!

どっちのグリップも中々考えられた良いグリップですね。

マルイ製 バイオハザード2 デザートイーグル10inc 簡易分解

お次はデザートイーグルの分解です。

デザートイーグルは他のガスガンと違って分解せずにホップ調整できるのでメンテナンスメインの分解になりますね。

テイクダウンレバーを止めているボタンを押しながら…

テイクダウンレバーを回すとスライドの分割ができます。

特に今のハードキックと違う部分は無くスムーズに分割できますね。

基本的なパーツはハードキックモデルにも引き継がれているので、
パーツ自体には今のデザートイーグルと互換性があります。

リターンスプリングが弱いのでしょうか?
なんかスライドを引いた時の感触が柔らかいので
スプリング自体はハードキックの方がテンションが強めに設定されている
のでしょうね。

マルイ製 バイオハザード2 デザートイーグル10inc 命中精度

命中精度は15発中12発命中です!
(BB弾はS2S製の0.2gバイオBB弾を使用・射撃距離は約10m程度)

 

正直ハードキックの現行型デザートイーグルのリコイルと作動の良さを知っていると
旧型デザートイーグルの作動はキレもないですし、リコイルも強くはありません。

 

昔のモデルなのですが15発中12発命中はやはり精度は凄いですね(゚Д゚)ノ
時折フルオートになるときがあったのでガッツリ使いたいのなら中身を現行型のハードキックモデルに換装させるといいですね♪

マルイ製 バイオハザード2 デザートイーグル10inc 評価

レア度
90点
クオリティー
70点
性能
40点
価格
60点

旧デザートイーグル10インチモデルの紹介でした。
とにかく迫力!迫力!!迫力!!!なモデルですね。

 

すでにデザートイーグルはリニューアルされハードキックモデルになっているので、
非ハードキックということで作動性自体は今のデザートイーグルにはかないません。

それでもやはり限定のダークステンレスメッキが渋い色合いがしてとてもカッコイイ!

 

普通でもカッコイイデザートイーグルをバイオカスタム&10インチバレル化すれば
必然的にクッソカッコいいロマン銃になりますよねwww

 

その気になれば現行型のハードキックデザートイーグルと中身を交換すれば性能を引き上げることができるのでサバゲーでも使おうと思えば全然使えるし、コレクション的にもかなり良いエアガンですね♪

バイオファンには1丁持っていて損はないモデルですね♪

 

-エアガン

Copyright© ミッコーブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.