好きを大切に!好奇心に忠実にチャレンジするブログ

ミッコーブログ

走行距離10万キロ走ったクルマは買っても大丈夫なのか?⇒結論問題なしです。

投稿日:

よく車の寿命は役立つ10万キロと言われていて中古車市場では10万キロ走った車は(壊れやすい)(すでに寿命がきている)なんて声も聞こえてきます。

まぁ普通に考えたら使った物が使っただけ消耗するのは当たり前!

クルマはなんだかんだ言ったって耐久消耗品ですからね。でも世の中の車が全て10万キロ以下で良い状態の車ばかりとは限りません!

 

タクシーやトラックなんてどうでしょう?働く車は30〜40万キロ以上走っている事も珍しくはないです。

なので中古車で欲しい車があるんだけれど走行距離が10万キロ以上なんだよなぁ〜と悩んでいるのだったら問題ありません!10万キロ以上走った車でも問題はありません!

中古車を選ぶ時の目安は走行距離じゃなくて車の状態

走行距離10万キロが寿命というのは中古車の状態を表す簡単な事で広まったのだと思います。

さっきも言いましたがクルマは耐久消耗品で中古車に新車と同じ状態を期待することは無理です!だって中古車ですからね!

 

全く壊れてないということはないでしょう。

だって新品で作られてから一体何年もの月日が経っているのですよ!エンジンのどこかの樹脂パーツが劣化しているかもしれませんし、バッテリーがヘタってきているかも。というかそれが当たり前ですよね。

僕も10万キロ以上走った車を買って2年後にマフラーに亀裂が入って交換しました。

 

でも中古車と言っても状態がいいか悪いか?というのは大きく関係しています。

例えば5万キロ走った状態が悪い車と10万キロ走った状態のいい車があったとするとどっち選びますか?

走行距離10万キロ以上が寿命と言うのなら状態の悪い5万キロの車を選びますね。

でもこういう車は状態が悪い=メンテナンスや手入れをやって来なかった車でエンジン時代に深刻なダメージがある場合があります。

そうすると最悪修理不可能!スクラップ行きです。

 

中古車を選ぶ時に大切なことは走行距離でなく車の状態がいいか?悪いか?ということです。

取り分け修理するのに手間やお金がかかる場所 エンジンや車のシャシー、フロアなどの状態を気にした方がいいですね。

走行距離10万キロ以上の車を買ったらするべきメンテナンスパーツ

走行距離10万キロの車を買った時に真っ先にすることは車のメンテナンスです。

車は消耗品だといってもこのメンテナンスをするかしないかで寿命は全然違います。中古車を買ったら最低限のメンテナンスとして消耗品の交換はしてしまいましょう!

油脂類

エンジンで交換するオイルといえばエンジンオイルですが、車にはエンジンオイル以外にたくさんのオイルを使っています。

ミッションオイル(ATフルードなど)やデフオイル、ブレーキフルードなどのその他のオイルである油脂類の交換が必要です。

この手のオイルはエンジンオイルと違ってあまりメンテナンスされていないことが多くて、そのため劣化していることが多いです。油脂類は交換していないと劣化して本来の性能を発揮できないので補器類の機械の作動が狂ってしまいます。

例えばATフルードだと変速回数が増えたり、スムーズにシフトしなくなります。こんな感じで機械の故障やパワーロス、燃費悪化など多数のデメリットと車が壊れる可能性があるので、中古車を買ったらエンジンオイルと一緒に交換してしまいましょう!

タイミングベルト

タイミングベルトはクランクシャフトとカムシャフトに回転を伝えるためのベルトです。

今では簡単にベルトが切れないようにタイミングチェーンに変わっている車も多いですが、それでもタイミングベルトを採用している車はまだまだ多いです。

走行距離10万キロオーバーの車を買ったら真っ先に交換しておきたいパーツの1つです。(購入時にすでに交換されているのなら問題なし)

タイミングベルトを交換しないで走行していると劣化している場合はベルトが切れてエンジンがブロー(壊れて)してしまいます。

エンジンはご想像の通り車の中でも重要な機械で壊れてしまうと載せ替える必要があります。代わりのエンジンを載せ替えるとなると総額100万以上もすることがあります。エンジンブローだけは本当に死守したいところですね

スパークプラグ

スパークプラグは点火プラグとも言ってガソリンを燃やすために着火する役割を持っています。

このスパークプラグが劣化すると点火しにくくなるのでエンジンもかかりにくくなってしまうのです。

プラグといっても大きく3種類あって

一般プラグ・白金プラグ・イリジウムプラグなどがあって着火効率やエネルギー効率が突き詰めると一般プラグ<白金プラグ<イリジウムプラグとなります。

プラグの中には長寿命タイプのプラグがありまして、少しお高いのですが、一般プラグが1~2万キロで交換に対して長寿命タイプのプラグは10万キロまで交換しなくてもいいのでおススメです!

メーカー別ではスパークプラグは有名なでデンソー社製の物かNGK社製の白金プラグ、イリジウムプラグがおススメ!

ついでにイグニッションコイルとプラグコードを変えるとエンジンの性能が回復するのでこっちもぜひ交換しましょう!

エアクリーナー

エアクリーナはエンジンに送り込む空気をろ過してくれるフィルターです。

エンジンは燃料だけを燃やしてエネルギーにしている訳ではなく、燃料と空気をミックスさせて爆発させることでエネルギーを生みだしています。エンジンに送り込むときにエンジンの中に虫やゴミが入り込まないようにするためにエアクリーナーが存在します。

ですがこのエアクリーナーが汚れているとエンジンに送り込む空気が少なくなり、パワーロス、燃費悪化につながります。

それにエンジンルームに塵などのごみが入り込むとエンジンの内部に細かな傷が付きエンジンの寿命を短くする原因にもなります。価格もさほど高くなくフィルター代込みの工賃で4000~5000円程度で交換することができます。

バッテリー

バッテリーは3~5年程度で交換しなければいけません。バッテリーが劣化していると電気をためる容量が少なくなったり、します。

容量が少ないバッテリーはエンジンを掛けたり、ライトを付けたりしているとバッテリーに電気がなくなった状態いわゆるバッテリー上がりを起こしてしまうので、その前に交換してリフレッシュしてあげたほうが、運転していて電気がなくなって止まってしまうということを防ぐことができます。

特に最近の車にはアイドリングストップ機能がついている車が多いですよね。

アイドリングストップは止まるたびにエンジンの停止と駆動を繰り返すので電力を使う分注意が必要です。

工賃はハイブリット車では3000~4000円程度、普通のガソリン車では1000~2000円程度とされています。(バッテリーは車によって違うのでここでは工賃のみの価格です)

バッテリーを買えるならパナソニックのブルーバッテリーCAOSがおススメです!軽量、大容量、音質が上がると話題のカーバッテリーです!

バッテリーは車によってサイズが変わるので自分の車にはどの大きさが適合するのか調べて、自分の車に合う大きさのバッテリーを買いましょう。

[itemlink post_id="2407"]

ブレーキパッド

ブレーキパッドは言わずと知れた車の安全にかかわるパーツなのでここには妥協しないようにしましょう!メチャクチャ高いスポーツ仕様のブレーキパッドを入れろ!という訳じゃなくて、中古車なら有無を言わさずに交換したほうがいいです。

ブレーキパッドは減っていくと制動距離に関係するのでいずれ止まりにくくなります。大体はある程度擦り減ったら車検で交換されますが、もしもブレーキが劣化してそれで事故ったら最悪ですよね。

パッドも経年劣化するので走行距離10万キロとか関係なく中古車なら有無をいわないで交換したいパーツです。

タイヤ

タイヤの寿命は一般的には3~5年程度といわれています。

タイヤが劣化するとタイヤについているスリッド(溝)がなくなって地面をつかむ力(グリップ力)がなくなって雨の日やカーブで滑りやすくなってしまいます。信号停止の時のブレーキですら怖くなるレベルです。

中古車を買ってタイヤに溝が無かったり、極端に溝が浅かったなら絶対に交換したほうがいいです!さっきのブレーキパッドと同じくタイヤも安全に走るためには欠かすことはできないです!

タイヤに溝が無かったり、ひび割れている場合は速攻で交換しましょう!

エアコンフィルター

車のエアコンから変な臭いがする!なんか風量が弱いと思ったら交換するべきフィルターがエアコンフィルターです。特に車の作動に関わるフィルターではないので必須ではないですが、エアコンから臭いがするのだったら変えたほうが気持ちよく運転することができます。

自分で交換するのなら2000~3000円程度、お店での交換なら5000円程度で交換してもらえます。

ワイパーゴム

ワイパーゴムは古くなるとゴムが硬くなって雨をふき取るとビビるような音がしたり、ムラができたり、ふき取り残しの筋が出たりします。こうなってしまうと本当に雨の日の運転が危ないです!

視界がクリアにならないので運転していても疲れますし、もしも事故りそうになったときには判断が遅れます。

そこら辺のホームセンターにも売っているので車の説明書などでワイパーゴムのサイズを調べて簡単に交換できます。

 

こんな感じで最低限のメンテナンスは必要になりますが、劣化しているパーツすべてを交換していたらキリがありません!

たぶん劣化しているパーツすべて交換すれば新車価格以上になるでしょうね。

なので最低限車の寿命に関わるパーツや消耗品、運転しているときの安全にかかわるパーツと消耗品の交換をすればいいです。もちろん走りに拘りたい!乗り心地をよくしたいというのならブッシュやダンパーなどのパーツを交換したほうがいいでしょうが、普通に走る分では問題ない範囲の劣化ならば交換する必要はなしです!

(走っていると明らかに異音がしたり振動がするなどの異常がある場合は交換必須です!安全を確保できていないということですからね。)

 

欲しい車、安い車が欲しい人には走行距離10万キロ以上の車を買う選択肢は大有り!

 

ということで走行距離十万キロ以上走った車は買ってもいいのか?

ということだったんですが、状態を見ていい状態だと思うのなら買ってもいいでしょう!

 

具体的に言うとエンジンは問題なくかかるのか?とか車の下回りの錆はどれくらいなのか?異音はしていないのか?などです。

できれば試乗してみて変なところがないか運転してみるといいですね。

 

もちろん中古だし当たりはずれはあるので購入後は多少の修理は覚悟しなければなりません。ここは中古車の宿命のようなものです。それでも軽い修理ならば最終的に新車で乗るよりも安く済むことが多いのでおススメできます。

先ほども言いましたが、中古車を選ぶときには車の状態を見極めることが大切!車を大切にメンテナンスしてきている車ならば状態がいいので同じ中古車でも長持ちします。

 

それでも心配という人は新車買ったほうがいいです!新車なら保障もあるでしょうし、すぐには壊れないという安心感があります。

「でも新車は高い・・・」というのならおトクにマイカー 定額カルモくん のような定額サブスクリプション型のリースなら頭金なし!月々1~2万円程度で新車が乗れるので中古車に不安がふぐいきれない人にはお勧めです!

 

最終的に言えるのは車の寿命は10万キロではなく車の状態ということです!

もしも自分で走行距離が10万キロこえていてもいいから状態がいい車が欲しい!というのならズバット車販売 中古者無料お探しサービスプログラム などでプロに車探しを任せたほうがいいです!

プロならば車の壊れやすい場所や劣化している場所を見極めることができます。素人では見極めは難しいものですから。

 

         ★☆  ズバット車販売  ★☆            

たった1分のカンタン入力!       希望の車情報を入力したら、あとは待つだけ!       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  車に詳しい方も、そうでない方も安心! 車探しのプロが、毎日訳500台、年間約60万件の豊富な車両情報から、 市場に出回る前の非公開車両から厳選してあなたにぴったりの車をご提案! しかも高品質・低価格!最長10年の保証付! ・自分に合う車が欲しいけれどどうやって探したらいいのかわからない。 ・欲しい車は決まっているのに希望の車がなかなか見つからない。 ・探している時間がない ・知らないお店で買うのは不安。 ・中古車は当たり外れがあるので不安。 といった方々のニーズにお応えいたします。 

【ズバット車販売】中古者無料お探しサービスプログラム。

-

Copyright© ミッコーブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.