好きを大切に!好奇心に忠実にチャレンジするブログ

ミッコーブログ

エアガン

マルイ製 FNX‐45をレビュー!カスタム性抜群のCODでも登場したタクティカルハンドガン

更新日:

ヤフオクでちょっと前にマルイ製のFNX‐45を購入しましたのでそのレビューです!

ハンドガンといえば(ブラックかシルバーの銃がほとんどなので(タンカラー)のハンドガンを欲しかったのでちょうどよかった!

FNX‐45と聞くと学生時代にCODのBO2で登場したのを覚えています。

タクティカル45の名で登場して、ハンドガンの中でも威力重視のハンドガンでお世話になりました。

今まではサイバーガン(cyber gun)っていう海外メーカーさんしかモデルアップしてなかったのですが、マルイから満を持してモデルアップされました。

マルイ製 FNX‐45 スペック

マルイ製 FNX-45 スペック

  • 全長   220㎜
  • 重量   830g
  • 弾丸   6㎜BB弾
  • 作動方式 ガスブローバック式セミオート
  • 装弾数  29+1発
  • 価格   17800円(新品税別価格)

※追記 FNX‐45にブラックカラーが追加されました。TANカラーとは違ったタクティカルな感じがカッコイイ銃です。

FNXはベルギーのFNハースタル社が開発したオートマチック拳銃

正式にはFN(ファブリックナショナル)FNX‐45になります。

FNXは2000年に製造されたFN(Forty-nine)を元にしてアップグレードされたFNPをベースにして、追加改良としてコッキングセレーションの追加や20㎜アンダーレールを追加した改良モデル

このFNXシリーズは口径によって呼び名が変わり、

(9㎜パラベラム弾=FNX‐9 .40S&W弾=FNX‐40 .45ACP弾=FNX‐45)という風に分けられています。

東京マルイは.45ACP弾を使用するFNX‐45タクティカルをモデルアップ!

US SOCOM向けにカスタムされたタクティカルモデルはサプレッサーやマイクロサイトの装着を前提に作られています。

新型オーバルピストンを採用しているので、作動はキレのいいハードキックなリコイルを体感できます。

アクセサリーボックスの中にはマズルカバーやフォロアーストッパー、BB弾などいつものものが付属しています。

本体はともかくマズルプロテクターや交換用のバックストラップも3つ付属するという豪華っぷりです!

もちろんタクティカルということで背の高いサイトやネジ切されたバレルなんかも魅力的な一丁です。

バックストラップが3つ付属していました。チェッカリングのパターンが違うものが2つ付属していました。

他のエアガンにもあるSサイズ、Mサイズでしょうね。手の大きさで変えたいですね。

※追加オプションで16㎜正ネジ対応サプレッサーが販売されています。

撃ってみた感想として感じたのはやっぱりマルイの新しい方のガスガンだけあって作動はキレッキレでヤベーです!

新型のUSPもだったんですが、最近のマルイのガスガン全体的に作動がキレッキレです。

基本的に冷えに強くて、ガス圧が安定しているのか最後までしっかり撃つことができます!

マルイ製 FNX‐45 外観

FNX‐45めっちゃタクティコーです!

全体的にも使いやすくて、オプションパーツがてんこ盛りで付けることができますし、カラーリングも結構いい!

タンカラーといってもスライドとフレームの色合いが違うし、バレルや金属パーツも黒なので結構見ていて飽きないカラーリングですね。

黒一色だとどうしても飽きがすぐ来てしまうんだよね。

ホールドオープンした状態 コッキングセレーションが前後にあるので引きやすいですね。

あとこうして右側と左側を見比べるとわかるように基本的に利き手を選ばないアンビっぷりですね。

特にグリップ部分は左右全く同じ作りなのでこれなら確かに左利きでも右利きでも同じように扱えそう。

こんな感じでスライドの色はかなり明るいタンカラー

左側側面には45ACP、FNX‐45 tacticalの文字が彫られていますが、刻印はFN刻印ではなく東京マルイのイニシャルを取ってTMになっています。

ベレッタとかと同じですね。

フレームの方は何も刻印がなくて、純粋なタンカラーというよりダークアースみたいな色合いです。

現在の銃なので20㎜のアンダーレールは標準装備されています。

右側は結構シンプルで(STAINLESS STEEL)の刻印のみですね。フレーム側にはおなじみのマルイ製の刻印が押されています。

まさか!と思ったんですがエキストラキターは別パーツ!・・・ではなく塗装のようです。中古品なので若干色剥げして下のタンカラーが見えてます。

別パーツにしてほしかったなぁ~

アンダーレールしたにはシリアルナンバーとQRコードがプリントされています。雰囲気はばっちりですね!

グリップ部分には中央に(TM)のマークが入って、周りにはチェッカリングでおおわれています。

タクティカルなので仕方がないですが、FNX‐45で気になっているのがこのチェッカリング!

かなりエッジが立っているので滑りにくいですが、素手なら結構痛いんですよ。

強く握ったら手が真っ赤になりますwww

バックストラップ部分には穴の窪みがあって、穴をあけるとランヤードリンクにすることができそうですけれど、プラスチックなので金属のリンクを使うとヘタってもぎ取れそうですね。

でっかいマガジンバンパーにも(TM)の刻印があります。バンパー付けているのでガス注入口が少し奥まった位置にあります。

こんな風にガス注入するときに結構奥までノズルを入れることになりますね。

エアダスターをガス替わりにしているのですが、アダプターが短いので不安でしたが普通に注入する分では問題はなさそう。

FNX‐45の欠点その2です。

アンビになったマガジンキャッチボタンなのですが、誤操作防止のためかボタンの周りは窪みが付けられています。

このおかげでちょっと押しにくい!初めに押したときはベレッタとかガバメントに慣れていると違和感が残るかも。

セレクターはシンプルにFポジションとSポジションのみで、新しいハンドガンではめずらしくデッコキング機能がありません。

Sポジションに入っていればハンマーをコックしていてもしていなくてもトリガーがスカスカ動くだけで落ちなくなります。

最初からついていたマズルカバーを取ると16㎜の正ネジのネジ切がされたタクティカルバレルが装着されています。

マルイからオプションパーツとしているサプレッサーを装着することができます。

バレルはツーピース構造でバレルの先っぽのネジ切された部分はアルミ、それ以外はプラスチックで作られているようで、最近のマルイは外観にも力を入れているのを感じます。まぁ近くで見ないと材質なんてわからんけど

ハンマーはリングハンマーになっていてコッキングしやすいし、軽量なので作動性もいいです。

タクティカルハンドガンなのでサプレッサーに干渉しないように背の高いタイプのサイトが装備されています。3ドットタイプでかなり見やすい!

背の高いサイトにはよくあることだと思うんですが、結構よく服とかに引っかかるんですよね~

勿論FNX‐45も例外にもれずめっちゃ服に引っかかる!

サイトを除くとこんな感じです。中古で買ったのでサイトには少し傷が入っちゃってます。

ドットのホワイト塗料には蓄光剤が使われているので光を当てて、暗闇でサイトを除くとこんな感じで(ぽわ~っ)て感じで光ります。

ただ30秒ぐらいたつとかなり光が弱くなるのでおまけ程度。

マルイ製の他のハンドガンと同じ感じの飾り程度の蓄光剤です。

スライドの上にはFNX-45の売りの一つである光学機器を乗せることができる場所に6角ネジ日本でカバーされていますね。

でもハンドガンに光学機器を乗せるのはあまり好きじゃないので今後はたぶんこのままでしょうね。

重量は約849gほど  基本的に金属のシャーシが入っているだけなのでフレームも基本プラスチック  つまり軽量です!

9㎜のベレッタよりも大きいのに100gほど軽いという軽量っぷり 結構本体よりもマガジンが重い印象だったので納得ですね。

45口径のダブルカラムマガジンなのでマガジン自体も結構デカくてガスいっぱい入りそうです。

マルイ製 FNX‐45 簡易分解

お次は簡易分解ですね。
基本的にはテイクダウンラッチを下げるだけなのですが、ラッチを下げられる場所が決まっていました。

こんな風にスライドストップがかかっている位置でなければテイクダウンできません!

スライドを一番最後まで引いてラッチを下げようとしても下がりませんでした。誤操作防止のため?

でも分解する側からするとスライドストップかけるとあとはラッチ下げるだけなんでめちゃくちゃ簡単です。

ガバメントなんかはスライド引いてちょうどいい具合でスライドストップが抜ける位置を手でキープしておかないといけないから断然楽ですね。

フレームとスライドを分解!

特に何の苦労もなく分解できました。ホップアップのために何度も分解するとしても大した手間ではないですね。

バレルまで取ってみましたが、画像のとおりスプリングガイドとスプリングが一体になっていてスプリングだけ飛んでいくことがないのでおありがたい!

ちょー絶分解しやすいです!

さっきも言った通りバレルは前側がアルミ、ポートの後方部分がプラです。
ホールドオープンした時にもアルミの部分しか見えないので質感的にもいいですね。

ホップアップダイヤルは、、、まぁ ガスガンなので小さくて調整しにくいのは仕方がない

スライドストップがかかる部分には金属の補強がちゃんと入っていますね。
スライドストップがかかるたびにガリガリとヤスリみたいに削れていくことはなさそう。

マルイ製 FNX-45 命中精度

準備中・・・

マルイ製 FNX‐45の評価

レア度
50点
クオリティー
70点
性能
90点
価格
90点

タンカラーの銃は初めてなので気になっていた銃ではあったのではありますが、流石マルイの新型の銃ですね。作動には文句はないです。キレがよくて、結構ハードキックな感じが病みつきになります。

メリットは他社からはあまりモデルアップされていないモデルなので手に入りやすさからもマルイ製で評価できますね。

最初から16㎜正ネジ対応のサプレッサー買えば銃に取り付けられるし、拡張性も高いのでカスタムして楽しむこともできるのも評価が高いポイントですね!

デメリットと言ったらチェッカリングが痛いことと、マガジンリリースボタンが押しにくいことぐらいです。

スライドとフレームの色の違いで飽き難いですが、スライド側は結構明るいタンカラーなので人によっては好みが出るかなぁ~って言った印象。

新しいガスガンなので、ブローバックエンジンは切れがありますし、サプレッサー対応のバレルが標準装備されているので拡張性を考えたら結構安いです。

タクティカルなハンドガンが欲しい人・カスタムを楽しみたい人にオススメできる一丁だと感じますね!個人的にも結構お気に入りです(笑)

-エアガン

Copyright© ミッコーブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.