好きを大切に!好奇心に忠実にチャレンジするブログ

ミッコーブログ

エアガン

オススメのピストルキャリバーカービンを紹介!拳銃弾口径仕様のPCC電動ガンを13選!

投稿日:

引用:https://sofrep.com/gear/the-best-pccs-why-pistol-caliber-carbines-rock/

今回は最近注目を集めているPCC(ピストル・キャリバー・カービン)モデルエアガンのオススメモデルの紹介です!

基本的にライフルフレームを使い、拳銃弾を撃ちだすコンセプトで従来のARの扱いやすさで低反動の拳銃弾を撃てるので撃ちやすということで人気を集めています。

 

エアガンではBB弾を発射するので弾丸の口径は変わりませんが、
見た目がスリムになりスタイリッシュなデザインのPCCは最近販売されるモデルが多くなってきていますね(≧◇≦)

 

よくM4A1などはスタイリングが同じなので飽きが来ると言われますが、
拳銃弾仕様にすると今まで見たAR系ライフルとは違うデザインになるので
ちょっと変わったデザインのPCCは人気が高いです!

 

なので今回はエアガンでモデルアップされているPCCモデルのオススメのエアガンを紹介していきます(`・ω・´)ゞ

 

※PCCの基準があいまいなので、
基本的にAR系とAK系のライフルレシーバーを使用したモデルを紹介します。
一応MP5シリーズもG3系のレシーバーを使っていると考えるとPCCなのですが、
サブマシンガンやPDWのイメージが強いので選考対象外にしました。

G&G ARP9

電動ガンのPCCモデルと言ったらG&GのARP9シリーズは鉄板!

エアガンオリジナルモデルですが、3万円台の価格の安さと軽さ、使い勝手、性能に対するコスパで電動ガンの中で革命を起こした名作モデルです!

 

短い銃身にPDWタイプのワイヤーストックを装備したコンパクトなデザインに
M-LOK規格のショートハンドガード、電子トリガー等サバゲーのゲームウェポンとして
必要な物が揃っているのにも変わらず、
3万円台とかなりの価格の安さで今でも尚PCCモデル電動ガンでは王者の座に君臨している。

 

軽さを生かしてあえてロングバレル化したり、サプレッサーを取り付ける、
AR系用のストックを付けるなどのカスタムの自由度も高いのも魅力の1つ!

 

サバゲーで軽くて使いやすい電動ガンとして最もオススメされている最高のPCCモデル電動ガンです!

G&G PRK9

海外製の中でも性能の高さで評判があるG&Gが製造しているAKのPPCであるPRK9も人気の機種です!

AKの武骨な外観で9㎜口径のマガジンが使えるとなって一躍人気になった機種ですね。

 

シースルーの9㎜マガジンが映えるデザインで使い勝手はAKそのままで使用できます。
性能はG&Gなので海外製電動ガンの中でもトップクラスの性能で
電子トリガーでより高性能な機能を求めた結果Tコネクター仕様が標準装備になっている。

 

AK系ではネックになっている拡張性の低さは箱出しですでに解消されて
使いやすいさ抜群のモダナイズドAKモデルになっています。

 

お値段は実売6万円と高めですが、性能の高さとスタイリングが見合っているかなり良いモデルです。

もっと軍用なデザインが良いという人にはPP19-01 VITYAZもオススメですね♪

G&G PCC45

PCCというよりもSMGに近いかもしれませんが、こちらもG&Gが製造しているPCC45もオススメ!

PCC45はUMP45をモデルに作られた電動ガンでUMP45をより近代的にしたようなデザインが特徴的な電動ガンですね。

 

こちらもダミーカートが見えるシースルーマガジンがオシャレでハンドガードはM-LOK規格
性能はG&G製の電子トリガーで性能抜群!
3点バーストの設定もできるので自分の好きな発射方法に設定できるのもいい所ですね。

 

バッテリーの収納に少し癖がありますが、AR系でもないAK系でもない変わったPCCということで変わったモデルでサバゲーで使えるモデルが欲しい人にオススメです!

EMG×S&T UDP9

UDP9はPCC電動ガンの中では珍しい実銃のモデルが存在する貴重なモデルの電動ガンです。
実銃ではアメリカのANGSTADT ARMS社が販売している個人防衛用のPCCでホームディフェンス等に使用されている。

 

フレームは角ばったスクエアタイプでAR系のレシーバーからアシストノブを取り払ったり、
AR系ライフルと同じ使い勝手で使用できるようにマガジンキャッチでマガジンをリリースできるなど
一から本格的なPCCを作り上げている。

 

EMGはANGSTADT ARMS社の公式ライセンスを取り、
外装はフルメタルでEMGが作成し、内部メカはS&Tに委託して作成したモデルになっています。

 

現在の電動ガンでは必須レベルになっている電子トリガーやハイトルクモーターを標準装備して、実銃通りのM-LOK規格のハンドガードやマグプルMOE K2タイプのピストルグリップ等も装備してる。

 

オリジナル要素なのかPDWストックは少し特殊な形状していて好みが分かれそうだが、
通常のARストックパイプも取り付けることができるのでカスタムの自由度も高いモデルと言えますね。

 

エアガンオリジナルではなく、ちゃんと元のモデルがあるのでリアル派の人にオススメしたいPCCモデルの電動ガンです!

キングアームズ PDW 9㎜ SBR

キングアームズのPDWシリーズは既存のAR系レシーバーでⅯP5のマガジンを使用できるようにしたオリジナルデザインのPCC電動ガン

 

他社の機種と同じようにPDWストックとM-LOKハンドガードを装備していますが、
最大の特徴は何と言ってもマガジン!

バッチリ9㎜口径のMP5用のマガジンが使用できるようになっています。

 

ただ他の機種に比べフレームも強化プラスチックということで剛性と性能には少し不安な印象
重量も1.7キロとかなり軽量で価格も2万前半なことを考えると安価なスポーツラインといった感じでしょう。

 

デザインはとてもタクティカルな印象なのでカスタムベースとして楽しみたいモデルですね。

キングアームズ TWS 9㎜

キングアームズ TWSはあまり他社では見ないエアガンということでかなりオススメです。
キングアームズのTWSはPCCモデルのエアガンの中ではかなり珍しいガスブローバックガン!

 

基本形状は通常のAR系同様なのですが、
ガスガンのグロック用ロングマガジンが使えるようになっていて、専用のPCCレシーバーを備えています。

オリジナルデザインで、しっかりとブローバックしてくれます!

 

電動ガンよりも撃ったリアクションが良いガスブローバックで楽しみたい!という人向けですね。

電動ガンのマイナー機種ではマガジンが合う合わないがありますが、
グロックのガスブロ用のマガジンが使えるので東京マルイのグロック用マガジンが使えるのが良い!

 

ガスブロのライフルなのでお値段が約7万円というのが最大のネックでしょう(;´∀`)
デザイン的にはガスブロでは通常のAR系はたくさんありますが、
PCCモデルはあまりないのでかなりオススメの面白いモデルです。

クラシックアーミー NEMESIS X9

クラシックアーミーが作成しているNEMSIS(ネメシス)X9もオリジナルのモデル

スクエアタイプのフルメタルレシーバーにM-LOKハンドガードPDWストックを装備したモデルで
純粋にUDP9やARP9の対抗馬としてのモデルだ。

 

最も形状的、性能が近いEMG×S&TのUDP9だが、こちらは通常のAR系レシーバーと同じようにボルトフォアードアシストノブが装備され、エジェクションポートも通常のAR系のダストカバーが装備されているものになっています。

ワイヤーストックは通常のPDWストックなのでUDP9のような特殊形状ではないので扱いやすい。

 

純正ですでに電子トリガーが搭載されていて、3点バーストと5点バーストにも設定できるので性能面でも悪くなく、お値段的にも実売価格2万5000円程度とコスパが高い!

UDP9のライバルといった感じの1丁です。

SRC FALCON

SRCのFalconはPCCをイメージしたスポーツライン電動ガン

スポーツラインということでフレームは強化樹脂で軽量、PCCモデルなのでM-LOKハンドガード、
PDWストックは他社の機種と同じなのですが、
最大の特徴としてグロックタイプのマガジンとM4用マガジンが使えるところ!

 

マガジンスペースにグロックタイプマガジン用のアダプターが組み込まれてるので、
持っているマガジンによって使い分けられるという面白い機能があります。

 

デメリットととしてなのですが、アダプターは通常のマガジンキャッチで止めているのでグロックタイプのマガジンを使用しているときにマガジンリリースを押すとアダプターごとリリースされてしまいます。

 

使い勝手がいい新しいスポーツライン電動ガンという感じで、
PCCとしてもコンパクトARとしても楽しみたい人にオススメでしょうね。

ただのちのち紹介しますが、アダプターが別売りされているので本体にこだわりが無ければアダプターだけ買って持っているAR系電動ガンをPCC風にカスタムするのもアリだと感じます。

APS NOVESKE  SPACE INVADER

APS NOVESKE  SPACE INVADERは先ほどのUDP9と同じくEMG社がAPSと共同開発したモデルの電動ガン
こちらもNOVESKE Rifle Works社が製造している実際に存在するモデルになっています。

 

正規ライセンスを取得したことで実銃と同じデザインを再現していて、
ハンドガードにもNOVESKE刻印があり、
ストレートタイプのマガジンやストックにはアームブレースが装備されていたり、
他のPCC電動ガンとは少し違う本気のPCCカスタムが施されています。

 

性能面でもTコネクター標準装備、電子トリガー、発射切り替えモード、
非常停止用の自動停止機能などハイスペックな機能が盛りだくさん!

 

外観だけでなく中身もハイスペックで実売3万5000円程度なのでリアル派、性能派どっちにもオススメのモデルです。

KSC STRAC

KSCのSTRAC(ストラック)はクリス・ベクターをイメージしたAR系の外装が特徴的なオリジナルPCCです。

リアルな外装のガスガンで有名なKSCがシューティングを楽しめるようにオリジナルデザインしたモデルで、
他のPCCと同様なPDWストック+ショートキーモッドハンドガードを装備させ、
なんといってもクリス・ベクターを思わせるフレームデザインが特徴的!

 

性能面での特徴はKSC独自の独特な機能で
フルオートのサイクルを調整できる(サイクルエンハンサー)機能を搭載
している。

他のPCCよりも奇抜で独特なデザインで人気がとても高い反面、
通常のAR系電動ガンよりも専用パーツが多いので故障時はパーツが無いので大変な(;´∀`)ようです(;´∀`)

 

ですが、AR+クリス・ベクターという面白い発想をしたストラックはマニア心をくすぐる有名なPCC電動ガンとしてコレクション向けの一丁でオススメですね!

KSC QRF mod1

こちらもKSCが製造している電動ガン

デザイン的にMP5+AR系ライフルを合体させたコンセプトのデザインはストラックよりも
より撃ちやすさ、持ちやすさにに拘って作られた1丁

 

ハンドストップのように銃身側に手が滑らないようにえぐられたデザインのM-LOKハンドガードや
PDW仕様のタンクストックを装備している。

 

そしてPCCなのでMP5のマガジン形状に近いマガジンを使用するので
多くのユーザーが使用しているMP5やM4などと同じ使い勝手で操作できるように
左右からのマガジンキャッチとマガジン挿入口下のマグキャッチレバーの3つからの操作が可能になっている。

 

KSCが作ったより本気仕様のPCCといった変わった一丁ですね。

ICS CXP-MARS

オリジナルデザインの電動ガンを多くリリースしているICSが作った
PCCモデルのCXPシリーズはハイスペックなゲームウェポンとして作られたモデル

 

シューティングライフルのような奇抜なデザインで、電動ブローバック機能を搭載、
電子トリガーはもちろんプリコッキングも可能で、性能面ではかなり高いスペックを誇ります!

 

操作面でもぬかりなくアンビセレクター、ボルトカバーストップ機能が搭載、メンテナンスがしやすい分割メカボックスといった具合に「電動ガンに合ったらいいな」と思える機能を詰め込めるだけ詰め込んだようなハイスペック電動ガンです。

 

フルメタルですが外装的には好みが分かれそうなデザインです。
5~6万円台と高額だけあってハイスペックなモデルですね

サバゲーで使う本気のゲームウェポンとしてオススメの1丁です

SIG AIR MPX

SIG AIRから販売されているSIG MPXSIG社のエアソフトガン部門がVFCと共同で作成した電動ガン

今までSMGと言ったらMP5が活躍してきましたが、
時代が変わりMP5に変わる新しいPCC・SMGとして評価されている実銃でも存在するモデルです。

 

外装にVFCが携わっているのでリアリティーは抜群で、
紹介しているの中でもトップクラスのリアリティーとお値段を誇ります

 

性能自体は物足りなさがあるものの、
MPX自体ジョンウィックなどで有名になったことで人気が高く、ファン待望の一丁という感じです!

 

同じSIG AIRのMCX同様SIG社が監修しているのでブランド力もあってお値段は高いですが、大人気の1丁ですね!
リアル派で映画に影響された人に非常にオススメの1丁です!

番外編!簡単AR系電動ガンPCC化キット

ということでSRCのFALCONの時にちょっと書きましたが、
ほとんどのAR系STD電動ガンをPCC化できるお手軽キットが販売されています

 

FALCONにも装備されているアダプターとグロックタイプのマガジンを使うと、
STD電動ガンのうちM4マガジンを使用できるモデルならPCC化できることになります。

 

通常のM4A1などはもちろんSCAR-Lや89式小銃なども可能ということですね!
ブルパッブのタボール21などはどうなるのか分かりませんが…

 

手軽に手元のAR系でPPCカスタムを楽しみたい人に結構オススメです!
お値段もマガジンアダプター2つ合わせて5000円ぐらいなのでコスパ的にもかなり良いと思います!

-エアガン

Copyright© ミッコーブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.